KAZUTAKA OTSU

Offical blog

【松永祥兵】選手・インタビュー記事

【松永祥兵】選手・インタビュー記事

【GOAL SPORTS AGENCY】にて、インドネシアリーグを中心に活躍した【松永 祥兵】選手のインタビュー記事を寄稿させて頂きました。

 

==================

==================

 

近年、多くの日本人サッカー選手が欧州主要リーグで活躍していることで、「ホンダ」「カガワ」「ミナミノ」らをはじめとする多くのサッカー日本代表選手の名前は、世界中どこの国へ行っても通じる言葉となった。

しかし、1万3,466もの大小の島により構成される東南アジアの大国「インドネシア」にて、有名な日本人サッカー選手の一人に「ショウヘイ・マツナガ」という選手の名前が挙がる。

攻撃的MFやFWを主戦場とする日本人アタッカー、「松永祥兵」選手。

ドイツでキャリアをスタートさせた松永選手は、日本、そしてインドネシアと各国を渡り歩くプロサッカー選手として活躍し、2020年1月に海外でのプロ生活を終えた。

ドイツ時代にはブンデスリーガの名門であるシャルケ04に所属し、ドイツ代表のGKであるマヌエル・ノイアー選手や、クロアチア代表のMFであるイヴァン・ラキティッチ選手らと共にプレーした経験を持つ。

このような経歴を持つ松永選手が、なぜインドネシアという国で9シーズンもの長い期間プレーしてきたのか。そして、31歳という年齢でプロサッカー生活にピリオドを打った理由は何なのか。

松永選手のサッカー人生を振り返るとともに、今後の展望について話しを伺った。

 

==================

続きは、リンク先よりご覧ください。

松永祥兵選手、GOAL SPORTS AGENCY様、この度はご協力いただき、ありがとうございました。

About The Author

大津 一貴
夢を諦めて一般企業へ就職するも、22歳でがんを患い生き方を改める 。その後、脱サラして海外でプロサッカー選手に。モンゴル1部・FCウランバートル所属。1989年10月25日生まれ、北海道出身。

カテゴリー

アーカイブ