大津一貴 オフィシャルブログ『Special One』

ジャパンフェスティバル inモンゴル2019

2019/09/03
 







この記事を書いている人 - WRITER -
・脱サラ海外リーガー(プロサッカー選手) ・癌サバイバー 2018年現在、モンゴル1部のFCウランバートル所属。 1989年10月25日生まれ、北海道札幌市出身。 ■当ブログのコンセプトはこちら ■詳しいプロフィールはこちら ■お問い合わせはこちら

2019年8月17日、18日、モンゴルの首都ウランバートルにある、ナショナルアミューズメントパーク(国立遊園地)で、JAPAN FESTIVAL in MONGOLIA2019が行われました。

様々なブースが設置され、日本のたこ焼きや豚汁を味わうことができたり、コスプレの写真を撮ることができたりと、8千人以上の来場者が集まったイベント会場は多いに賑わっていました。

更に、日本から女性アイドルグループが参加したり、モンゴル人による和太鼓が演奏されたりと、日本とモンゴルの友好関係が印象的なイベントでした。

※出典:https://www.facebook.com/jfesmongolia/

また、今シーズンのモンゴルリーグには、日本人サッカー選手が各チームに20人以上所属しています。

そこで今回は、日本人サッカー選手たちによる、ステージパフォーマンスも行われました。

多くの人々が集まる中、各選手によるリフティングを行いました。

こっそり(入念に!?)練習していた大津でしたが、本番では失敗しました。(笑)

それでも、会場は多いに盛り上がったのでOKです。

 

また、BCH LIONS FC所属の佐々木瑞穂選手を中心に、サッカーボーリングのブースを設けて運営しました。

来場した方々と交流することができ、自分にとっても楽しい時間を過ごすことができました。

 

これからも、モンゴルと日本の友好関係が永遠に続くことを願っています。

大津一貴

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『KAZUTAKA OTSU 蹴球サロン』

~参加お待ちしております~

『国際大会出場』を目標に、日々の積み重ねをサロンメンバーと共有していきます。

また、蹴球サロン内では…

・試合へのアプローチ方法(ノートの書き方)
・チームとの契約に関すること(特にアジア諸国の現状)
・給料未払いの話し
・モンゴルでのサッカー教室プロジェクトについて
・海外サッカーにおけるビザの問題
・欧州移籍が浮上した話し
・コンディショニングトレーニングについて
etc…

 

ブログやネット記事では書ききれていない、あらゆることを日々更新しています。(月額500円でこれらの記事が全て読めます)

 

蹴球サロン参加ページ↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -
・脱サラ海外リーガー(プロサッカー選手) ・癌サバイバー 2018年現在、モンゴル1部のFCウランバートル所属。 1989年10月25日生まれ、北海道札幌市出身。 ■当ブログのコンセプトはこちら ■詳しいプロフィールはこちら ■お問い合わせはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Special One , 2019 All Rights Reserved.