大津一貴 オフィシャルブログ『Special One』

大津の心が清らかになった場所

2018/08/26
 







この記事を書いている人 - WRITER -
・脱サラ海外リーガー(プロサッカー選手) ・癌サバイバー 2018年現在、モンゴル1部のFCウランバートル所属。 1989年10月25日生まれ、北海道札幌市出身。 ■当ブログのコンセプトはこちら ■詳しいプロフィールはこちら ■お問い合わせはこちら

こんにちは。

ユーロ2016(ヨーロッパの大会)が開幕したり、コパ・アメリカ(南米の大会)の試合が連日行われているので、ネットで試合を見たり、結果を確認したりとVery busyな大津です。笑

そんな大忙し(全然忙しくないよ笑)の僕は先週、オークランドから車で3時間離れた場所にあるWaitomo(ワイトモ)という場所に行きました。

ワイトモとは、マオリ語で「水の流れる洞窟」を意味するそうです。

その意味の通り、そこにはWAITOMO CAVESという洞窟があります。

洞窟なんか行って楽しいのかよ!と思った皆さん、びっくりしますよ。

神秘的な世界が広がっていました。

出典:Instagram

パンフレット

 

残念ながら撮影禁止の為、ネットから拾った画像とパンフレットでしか中の様子を伝えることができません。

この洞窟の中をパンフレットのような小さい船で進んでいきます。

 

そして、この青白く輝く光の正体は…

じつはこれ、土ボタルという幼虫みたいです!!!

ヒカリキノコバエ(光茸蝿)とはハエ目(双翅目)キノコバエ科ヒカリキノコバエ属に分類される昆虫の総称である。この幼虫は青白い光を発するため土ボタルとして知られており、、、

と、wikipediaに書いてあります。

全然幼虫感が無いので(そもそも真っ暗でこの光しか見えない)虫が苦手な方でも全然気になりませんよ!

本当に神秘的な場所だったので、荒んでいる大津の心も清らかになった気がしました。笑

 

ニュージーランドへ旅行の際は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

入口の様子。観光名所ということもあり、入場代かかります。

行く途中

羊ちゃんにも沢山会えました

 

 

今週うちのチームは試合がありません

(リーグ戦のチーム数が奇数の為、毎週どこか1チーム休み)

Waitomoで凄くリフレッシュできたし、しっかり1週間良い準備をして次節に備えたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
・脱サラ海外リーガー(プロサッカー選手) ・癌サバイバー 2018年現在、モンゴル1部のFCウランバートル所属。 1989年10月25日生まれ、北海道札幌市出身。 ■当ブログのコンセプトはこちら ■詳しいプロフィールはこちら ■お問い合わせはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Special One , 2016 All Rights Reserved.