大津一貴 オフィシャルブログ『Special One』

大人が本気で変わらないと、日本サッカーは永遠に変わらない

2018/11/03
 







この記事を書いている人 - WRITER -
・脱サラ海外リーガー(プロサッカー選手) ・癌サバイバー 2018年現在、モンゴル1部のFCウランバートル所属。 1989年10月25日生まれ、北海道札幌市出身。 ■当ブログのコンセプトはこちら ■詳しいプロフィールはこちら ■お問い合わせはこちら

サッカー日本代表がワールドカップで優勝するために、育成年代(子供)の強化が必須です。

そして、その育成を強化するには、育成に関わる指導者(大人)のレベルアップが必須だと言えます。

そして、その指導者(大人)が成長するためには、選手(子供)だけではなく、指導者(大人)の自己肯定感がとても大切です。

 

ファルカオFC久喜へ訪問

先日、高校時代の同級生である大久保翼(以下:ツバサ)が代表を務める、【ファルカオFC久喜】に行かせてもらいました。

スクールを立ち上げた時から、3年連続で足を運ばせてもらっています。

例年通り、今回も子供たちと一緒に、練習に参加させてもらいました。

子供たちは、純粋にサッカーと向き合っていて、その姿勢が本当に素晴らしいです!!!

練習が始まる前、小学3年生の子に僕がリフティングの技を見せました。

すると、その技の練習をひたすら取り組んでいました。

「これからどんどん成長していくんだろうな~!」と感じさせてくれます。

また、その子供たちの伸び代をしっかり見てあげる、ツバサの指導を見ていて「ツバサも本当に成長したな~」と感じました。

(高校時代は、もっとツンツン尖がっていた!笑)

 

子供たちから、純粋にサッカーが好きな気持ちが、ひしひしと伝わってくる環境でした。

ファルカオFC久喜のようなサッカーを楽しめる環境を、もっともっと日本全国で広めることが、サッカー日本代表の優勝にも繋がるのではないでしょうか。

サッカーを嫌いにさせる日本の指導者

「お前なんでそんな難しいことすんの?できもしないのに」

 

「センスないんだから、サッカー辞めたら?」

 

「お前がグラウンドにいると迷惑」

 

「そこ簡単にやっとけばいいんだよ、何回言わせんだよ」

 

「マジ下手くそすぎんだけど、笑わせんなよ」

 

このような発言をする指導者が、実際の指導の現場に居るそうです。

 

残念ながら、これが日本サッカーの育成現場の現状。

 

ツバサも、この現状は早急に変える必要があると言っていました。

 

(本人のブログにも、この件について記載してあります)
僕の周り、そしてツバサの周りでも…

 

好きでサッカーを始めたはずなのに、サッカーもめちゃくちゃ上手いのに、サッカーが嫌いになってサッカーを辞めていった選手を沢山見てきました。

 

これって、よくよく考えてみると、指導者から上記のような言葉を言われたこと。

 

日本の部活でよくある罰走とかノルマ。(例えば、5点差以上で勝たないと坊主!とかいうやつ)

 

チーム内での理不尽な上下関係。

 

上記のような理由でサッカーが嫌いになって、サッカーを辞めていった選手が大多数だと思います。

 

”厳しさ”を履き違えている指導者が、まだまだ沢山いるのが日本の育成現場の現状。

 

サッカーを嫌いにさせて、どうするんでしょうか。

 

指導者って字の通り、選手が目指す場所へ導く存在である者です。

 

その真逆の存在である指導者は、指導者でありません。

 

今すぐにでも、そんな指導者は辞めさせるべきです。

 

日本サッカーの発展、もっと大げさに言うと日本社会にとって、めちゃくちゃ邪魔です。

 

指導している選手がプロサッカー選手になれなかったとしても、大人になった時もサッカーが好きで、素晴らしい指導者になるかもしれません。

 

プロのカテゴリーではない場所で、プレーヤーとして活躍する可能性もあります。

 

日本でプロになれなかったとしても、自分のように海外でプロサッカー選手の夢を掴むかもしれません。

 

サッカー以外の場所で、活躍する人材も居るでしょう。

 

だけど、これが実現するのは、子供達が大人になっても「サッカーが好き!」という気持ちがあるからこそ。

 

サッカーを嫌いにさせることで、子供たちのあらゆる可能性を消していることを、自覚して欲しいです。

 

この現状が変わらない限り、日本サッカーの発展は無いでしょう。

 

なぜ、ダメ指導者が存在するのか?

 

ダメ指導者が存在してしまう理由のひとつに、指導者自身の自己肯定感の低さがあります。

 

指導者(大人)が、選手(子供)のマイナス面にしか目を向けれないのは、自分自身を認めることができていないから。(=自己否定)

 

なぜ、指導者自身が自己肯定できないのか。

 

その理由の1つは、目先の結果に固執しているから。

 

例えば、小学生でも大会(公式戦)は行われます。

 

全国大会まで繋がる大会もあります。

 

でも、小学生や中学生の段階では、子供1人1人の身体の成長スピードは違うし、1学年変わるだけでフィジカルの強さも全然違います。

 

だけど、日本では年齢ごとに、大会(試合)が行われます。

 

当然、サッカーが上手い選手が集まれば強いのですが、フィジカルが強い子(=成長が早い子)が集まると、更に強くなります。

 

小学生の段階では、【サッカーが上手い】&【成長が早い】選手が集まると、チームは強くなります。

 

だけど、成長が遅い子も沢山います。

 

大人になるまでに、今ではなく、将来のどこかのタイミングで一気に成長する子供も沢山居ます。

 

大人になってから成長する選手も居ます。
(僕は25歳から、サッカーが一気に上手くなったと自負しています)

 

何が言いたいかというと、育成年代での結果は、当てにならないということです。

 

勿論、選手(子供)は試合に全力で臨むべきだし、結果(=勝利)を目指してプレーするべきです。

 

指導者(大人)も、そのように導くべきです。

 

だけど、指導者はそれだけに固執してしまうと、子供の将来(伸び代)を見てあげることが薄れてしまいます。

 

選手1人1人の伸び代を見てあげられなくなり、結果だけに固執した瞬間、周りのチームとの比較が始まります。

 

「相手チームの選手ができることが、自分のチームではできない!」となった瞬間、「なぜ、君たちはできないんだ!」という否定が始まります。

 

その否定を、子供たちにぶつけてしまうのが、ダメ指導者ではないでしょうか。

 

指導者は、結果の重要性を説く必要はあると思いますが、育成年代の指導者自身が結果にこだわりすぎて、子供たちの将来を潰すことは絶対にやめていただきたい。

 

実際、僕の子供時代に同年代の選抜やアンダー世代の代表に選ばれていた選手が、全員プロになったかと言われれば、答えはNoです。

 

僕が小学校の時に選出されていた、U-12日本代表のメンバーを見ても、半分以上がプロサッカー選手になれていません。
3大会のワールドカップで活躍した本田選手や長友選手も、育成年代ではごく普通の選手でした。

 

大切なのは、目の前の結果に固執するのではなく、子供たち1人1人の可能性をしっかり見てあげることが、本当の良い指導者ではないでしょうか。

 

時代の変化

「昔のオレらの時代は、理不尽に耐えて厳しく育てられたぞ!」

 

「沢山我慢することで、強靭なメンタルを手に入れたぞ!」

 

上記のように思う方もいるかもしれません。

 

でも、日本人が世界に出た時「日本人のメンタルは弱い」と言われることが、とても多いです。

 

もっと言うと、海外からは日本社会のあり方すら、問われています。

 

謎の、我慢の美徳。

 

実践に役立たない精神論。

 

ひたすらYesマンを量産。

 

自分の意見が言えず、メンタル崩壊。

 

ただただ、心が病んで潰れていくだけ。

 

それに耐えられず、自殺する人が後を絶たない。

 

まさに、日本社会の縮図。

 

これが現状です。

 

やり方を変えましょう。

 

我々日本人は、何かと変化することを嫌う人種です。

 

”臨機応変”ってやつが、とても苦手な人種。

 

でも、変化無しに進化無し

 

時代は急スピードで変化しています。

 

※出典 ゲキサカ(https://web.gekisaka.jp/

サッカーで例を挙げると、僕がプレーしたアジア諸国は、急スピードで力を付けています。

 

北海道コンサドーレ札幌のチャナティップ選手のように、東南アジア出身(タイ出身)の選手が、Jリーグで活躍している時代です。

 

その変化に対応することが、いまの日本サッカー界には必要でしょう。

 

具体的には、

 

ダメ指導者を撲滅させる。

 

日本サッカーの環境を変える。

 

それを実行させるためにも、指導者の自己肯定感UPが必要不可欠です。

 

まとめ

サッカー日本代表がワールドカップで優勝するためには…

という視点から、育成年代(子供)の強化の必要性を考えました。

 

結論、

指導者自身(大人)がもっとレベルアップする。

そのために、自己肯定感をUPさせる。

 

これが、W杯で勝つことができるような、良い選手が育つ環境に繋がるのではないでしょうか。

様々な意見、お待ちしております。

※ファルカオFC訪問の際のひとコマ。大津、本気のライン引き。

 

本気でW杯優勝したい、脱サラ海外リーガー

大津一貴

この記事を書いている人 - WRITER -
・脱サラ海外リーガー(プロサッカー選手) ・癌サバイバー 2018年現在、モンゴル1部のFCウランバートル所属。 1989年10月25日生まれ、北海道札幌市出身。 ■当ブログのコンセプトはこちら ■詳しいプロフィールはこちら ■お問い合わせはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Special One , 2018 All Rights Reserved.