大津一貴 オフィシャルブログ『Special One』

脱サラ海外リーガー流、自己肯定感の上げ方 ~実践編~

 







この記事を書いている人 - WRITER -
・脱サラ海外リーガー(プロサッカー選手) ・癌サバイバー 2018年現在、モンゴル1部のFCウランバートル所属。 1989年10月25日生まれ、北海道札幌市出身。 ■当ブログのコンセプトはこちら ■詳しいプロフィールはこちら ■お問い合わせはこちら

今回のブログは、自己肯定感を上げる方法を説明していきます。

実践編です。

具体的に、どのように自己肯定感を上げるのか、脱サラ海外リーガー目線で解説していきます。

 

※注意

なぜ、自己肯定感が大切なのか。

ここを理解していなければ、無理に実践だけをこなしても逆効果です。

自己肯定感について、過去に書いたブログをご覧下さい。

※自己肯定感に関するブログ一覧はここをクリック

 

①人生のビジョンを明確にする

自分の望む人生の明確化です。

あなたは、人生に何を求めて生きていますか?

こう聞くと、どうしても夢や目標という言葉に置き換えてしまいがちです。

しかし、ここで言う人生のビジョンとは、夢や目標のことではありません。

あなたが、魂レベルで望んでいることです。

 

 

具体的に説明していきます。

例えば、「お金が無いから、年収1億円稼ぐようになりたい!」という人がいたとしましょう。

一見、とても野望があって、素晴らしい夢を語っているように思えます。

しかし、最初の言葉に注目してください。

「お金が無いから…」

”お金が無い”という現状に、不満を抱いている証拠です。(=欠乏感

きっと、この夢は叶う確立がガクンと下がります。

 

「見た目がイケていないから、モテてるようになりたい!」

「自分は下手だから、サッカーが上手くなりたい!」

「周りが結婚しているから、早く結婚したい!」

これらも同じく、今の自分に不満を抱いている状況(=欠乏感)から作った夢や目標です。

この言葉の裏には「現状の自分は駄目だ…」が隠れています。

 

夢を語っているようで、実は自分自身を自己否定をしているのです。

 

この欠乏感から夢や目標を作ってしまうと、もしその夢や目標が叶わなくなった瞬間、更に自己肯定感が下がります。

自己肯定感を上げたいのに、まったく逆の効果が出てしまいます。

なので、ビジョンの明確化はとても重要です。

逆に言うと、このビジョンの明確化さえできれば、自己肯定感は自然と上がっていきます。

まずは、しっかり自分自身と向き合いましょう。

 

最初に挙げた”1億円を稼ぐ”という例の場合、

「自分の街にサッカー専用スタジアムを作りたいから、年収1億円稼ぎたい!」

だったとしましょう。

この言葉の裏には

「サッカー専用スタジアムを作って、街の人達がサッカーを通じて笑顔になる場所をつくりたい」

が隠れています。

 

更に紐解くと、

「人に貢献したい」

という、自分が魂レベルでやりたいことに繋がってきます。

これが、”人生のビジョンを明確にする”ということです。

 

 

では、どうすれば自分のビジョン(魂レベルでやりたいこと)を明確にすることができるのか。

具体的な方法です。

自分自身に以下の質問をします。

 

「もし、明日死ぬとしたら?」

は、ちょっと現実的ではないので…

 

 

「もし、自分があと余命3ヶ月だったら…」

 

これを、自分自身に質問してみてください。

そして、残り3ヶ月の人生で、やりたいことを紙に書き出してみて下さい。

その時、お金や世間体は完全に無視してください。

どうしても、自分の思考にロックがかかってしまう人は、「自分が今、10億円を手元に持っている状況で、残りの余命3ヶ月」に変換してみてもいいかもしれません。

とにかく、自分が生きているうちにやりたいこと。

これを明確化をします。

そうすると、自分が魂レベルでやりたいことが、少しずつ見えてきます。

まずは、紙に書き出してみましょう。

箇条書きで構いません。

 

 

やりたいことを書く際の注意点を1つ。

なりたい姿になっている自分を、明確にイメージしながら、書いてください。

これは、潜在意識に刷り込む作業でもあるからです。

まずは、なりたい自分を明確にイメージすることだけを意識して、取り組んでみて下さい。

 

例えば…

もし、世界で活躍するプロサッカー選手になりたいとしたら…

 

その自分は、具体的にどこの国で、どのようなプレーをするのか。

その自分は、ファンやサポーターに対して、どのような立ち振舞いなのか。

その自分は、チームメートやスタッフと、どのような人間関係を築いているのか。

 

とにかく、細かい所まで具体的にイメージしてみましょう。

そうすると、なりたい自分を想像するだけでワクワクしてくるはずです。

このワクワクの感情が湧いてきたら、望む人生の明確化はパーフェクトです。

まずは、紙に書き出してみることからチャレンジしてみて下さい。

僕も、この作業を定期的に行っています。

 

※潜在意識については、また別の機会にブログで詳しく説明します。

 

 

②姿勢を整える

 

「何を言っているんですか、大津さん。私は自己肯定感を上げたいんですよ!!」

こう言われてしまいそうですが、自己肯定感UPと肉体は深く繋がっています。

詳しく説明していきます。

 

人間の身体と心(脳)は密接に繋がっています。

例えば、がっかりした時や悲しい時、以下の画像のような姿勢になります。

 

逆に、嬉しい時や楽しい時は、以下の画像のようなイメージでしょうか。

 

人間には、その時々の感情を、姿勢や表情に表して外部に発信し、他人に伝える機能が備わっています。

これは、ポジティブな場合もネガティブな場合も、どちらも一緒です。

これを、人間は無意識レベルで行っています。

 

 

この機能を、逆に上手く利用しようというのが、脱サラ海外リーガー流の自己肯定感の上げ方。

回路を逆転させます。

 

例えば…

電流を流すモーターが回る

モーターを回す電流が流れえる

 

これは、人間の身体と心(脳)でも一緒です。

ポジティブ姿勢が整う

姿勢が整うポジティブ

 

これを実行することで、自己肯定感が上がりやすい状態を作ります。

 

具体的には…

Ⅰ.背筋を伸ばす

Ⅱ.顔を上げる

Ⅲ.まっすぐ立つ

以上です。

 

これは、紙に書く必要もないし、すぐに実践できます。

パソコンとにらめっこすることが多い現代人が、うつ病にかかりやすいのは、悪い姿勢で長時間いることも、原因の1つと言われています。

パソコンやスマホを使う際、ちょっとだけ姿勢を意識してみましょう。

些細なことの積み重ねが、自己肯定感UPに繋がり、より豊かな人生を送ることに繋がります。

 

そして、①人生のビジョンを明確にする、で明確にした理想の自分が、どのような姿勢でいるか、想像してみてください。

きっと、笑顔で前向きな、自信に満ち溢れた姿であるはずです

その理想の自分の姿を想像し、現在の自分にも同じ姿勢を設定しましょう。

形から入ることで、内面も理想の自分へ自然と近づいていきます。

まずは、騙されたと思って3日間続けてみてください。

きっと、小さな変化に気付くはずです。

 

③リフレーミング技術を身につける

 

■リフレーミング

リフレーミング(reframing)とは、ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組みをはずして、違う枠組みで見ることを指す。同じ物事でも、人によって見方や感じ方が異なり、ある角度で見たら長所になり、また短所にもなる。 ※出典 ウィキペディア

 

なんだか分かりにくいので、脱サラ海外リーガー流で説明していきます。

 

サッカーのPK(ぺナルティーキック)を例に考えてみましょう。

 

A.悲観的な場合

もし、PKキッカーがシュートを打つ前に

「PKのキッカーがゴールを失敗する確立は20%です。」

と言われたらどうでしょう。

不安恐怖という感情が生まれます。

その結果、PKを失敗する確立が20%だったのに、恐怖や不安という感情のせいで、更に失敗する確立が高まるかもしれませんね。

 

B.楽観的な場合

もし、PKキッカーがシュートを打つ前に

「PKのキッカーがゴールを成功する確立は80%です。」

と言われたらどうでしょう。

安心希望という感情が生まれます。

その結果、PKを成功する確立が80%だったのに、安心や希望という感情のおかげで、更に成功する確立が高まるかもしれませんね。

 

 

というように、

同じ出来事でも、プラスの側面にフォーカスを当てる技術のことです。

 

 

この場合、

A.「 PK失敗率は20%です。」

B. 「PK成功率は80%です。」

どちらも同じPKの確立の話しです。

 

しかし、マイナスの側面にフォーカスするのか、プラスの側面をフォーカスするのかで、人間の心理状態は変化し、結果的に行動にも影響が出ます。

 

この場合、PKという物事に対してプラスの意味付けをすることにより、PKの成功率高める。

その結果、PK成功となります。

 

 

これは、サッカーのPKだけではなく、人生に起こる物事全てに対して共通する事実です。

 

人生、必ずしも良い時だけではありません。

嫌なことも必ず存在します。

物事には必ず、陰と陽、光と影、プラスとマイナスが存在します。

①人生のビジョンを明確化する、にて明確になった理想の自分はどのような思考をするでしょうか。

 

具体的に行う行動は、

「理想の自分は、どう思考するだろう?」

この質問を、自分自身に問いかけることです。

 

この質問をすることで、どんな物事に対しても、プラスの側面を見る思考癖を身につけます。

人生における嫌な出来事も、場合によってはプラスのエネルギーとなり、より豊かな人生へと繋がるのです。

 

 

僕の人生が1番良い例かもしれません。

癌を患う。

という、人生最悪な出来事に直面しました。

しかし、その出来事から

「自分の理想の人生って、どういう人生なのだろうか。これをじっくり考える良い機会だ。」

と、プラスの側面にフォーカスしました。

「大好きなサッカーをもう一度プレーし、プロサッカー選手になるぞ!」

という結論に至り、現在はプロサッカー選手として、サッカーでお金を稼ぐことができるようになりました。

 

癌という、最悪と思われる出来事に対し、その中でもプラスの側面に焦点を当て、理想の自分になる為のエネルギーに変える。

結果、理想の自分を手に入れる。

この好循環を生むために、リフレーミングという技術を身につけましょう。

 

何度も言いますが、

「理想の自分は、どう思考するだろう?」

この質問を、自分自身にするだけです。

実践してみましょう!

 

まとめ

 

①人生のビジョンを明確にする

Ⅰ.「もし、自分があと余命3ヶ月だったら…」これを、自分自身に質問する。

Ⅱ.残り3ヶ月の人生で、やりたいことを紙に書き出す。

 

②姿勢を整える

Ⅰ.背筋を伸ばす

Ⅱ.顔を上げる

Ⅲ.まっすぐ立つ

 

③リフレーミング技術を身につける

Ⅰ.自分自身に「理想の自分は、どう思考するだろう?」という質問をする

 

 

以上の3ステップを行うことで、自己肯定感がグッとあがります。

その結果、幸せなの人生を送る、理想の自分が自然と手に入るようになります。

このステップを踏むことにより、自分では気付かないうちに、自然と理想の自分を引き寄せられるようになります。

是非、実践してみてください!

 

他人の貢献に生きる、脱サラ海外リーガー

大津一貴

この記事を書いている人 - WRITER -
・脱サラ海外リーガー(プロサッカー選手) ・癌サバイバー 2018年現在、モンゴル1部のFCウランバートル所属。 1989年10月25日生まれ、北海道札幌市出身。 ■当ブログのコンセプトはこちら ■詳しいプロフィールはこちら ■お問い合わせはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Special One , 2018 All Rights Reserved.