大津一貴 オフィシャルブログ『Special One』

どんなに劣悪な状況でも、絶対に投げ出さずに最後まで戦う。

 







この記事を書いている人 - WRITER -
・脱サラ海外リーガー(プロサッカー選手) ・癌サバイバー 2018年現在、モンゴル1部のFCウランバートル所属。 1989年10月25日生まれ、北海道札幌市出身。 ■当ブログのコンセプトはこちら ■詳しいプロフィールはこちら ■お問い合わせはこちら

今シーズンのリーグ戦も残すところあと1試合。

ここまでの成績は、10チーム中7位。

明日行われる試合に勝てば、文句無しで7位確定。負ければ8位。引き分けなら、他の試合結果次第。

 

 

はっきり言って、7位だろうが8位だろうが、大きく違いは無い。

残留も決まっているし、優勝もないし、「消化試合か?」と問われれば「Yes」と答える。

でも、結果とは関係なく、全力を尽くす責任が自分にはある。

なぜなら、応援してくれる人がいるから。

そりゃ、日本代表の選手と比べれば、応援される人数に大きな差があることは百も承知。

でも、数じゃないと思う。

1人でも自分のことを応援してくれる人が居るのであれば、その人にのために全力を尽くすことが、本当のプロフットボーラーだと自分は考える。

それは、消化試合だろうが、優勝がかかった試合だろうが、そんな結果とは関係なく、目の前にある試合に向けて全力を尽くすのみだ。

 

今シーズン、自分を取り巻く環境は、とてつもなく難しかった。

一番大きな問題は、給料が未払いなこと。

今も解決していない。

それが原因で、一緒にプレーしていたチームメートはチームを離れたし、自分もシーズン途中で帰国する事も考えた。

他国や他チームへ移籍する事も考えた。

 

 

でも、自分にはその選択ができなかった。

 

 

給料の未払いをはじめ、様々な約束を、チームは今シーズン守らなかった。

傍から見れば、良いチームとは言えないだろう。

だけど、自分はこのチームに3シーズンもお世話になり、チームメートやスタッフに愛着がある。

初めて海外でプロとしてプレーさせてもらったチームだし、昔から自分のことを応援してくれる人も存在する。

一緒にプレーしてきた仲間も沢山いる。

こんなに問題だらけだけど、自分にとっては特別なチーム。

だから、簡単には見捨てられなかった。

 

本来は優勝争いをするべきチーム。

自分が過去2シーズン所属した時の成績はリーグ戦2位。

でも、今年は下位争い。

低迷するチームを自分の力でなんとか助けたいと、ずっと考えていたし、どんな理由であろうと途中で逃げ出すことはしたくなかった。

もしかしたら、やり方は不器用かもしれない。

4ヶ月も給料が未払いなのに、なんでプレーしてるの?って思われるかもしれない。

でも、どんな状況であろうと、自分はチームを見捨てる選択をできなかった。

お金に関しては、試合が終わってからどうにかする。

 

 

とにかく、口では上手く説明できないけど…

どんなに問題があろうとも、どんなに厳しい環境だろうとも、このチームで全力を尽くして、絶対に最後まで一緒に戦いたいと自分の心がそう言ってた。

だから、シーズン最後までプレーしようと決めた。

痛いヤツだと思われても構わないから、途中で投げ出すようなことだけは絶対に辞めようと。

そう心に誓って、毎試合戦ってきた。

そんな生活も、明日が最後。

 

 

前節、自分がゴールを決めた瞬間、チームが1つにまとまった気がした。

残念ながら試合は引き分けに終わってしまったけど、明日の最後の試合でもう1回、チームが1つにまとまる瞬間を味わいたい。

きっと、それを実現できた時、このチームでの自分の役割は終わる気がしてる。

ラスト90分、全身全霊を込めてやり切ります。

大津一貴

この記事を書いている人 - WRITER -
・脱サラ海外リーガー(プロサッカー選手) ・癌サバイバー 2018年現在、モンゴル1部のFCウランバートル所属。 1989年10月25日生まれ、北海道札幌市出身。 ■当ブログのコンセプトはこちら ■詳しいプロフィールはこちら ■お問い合わせはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Special One , 2019 All Rights Reserved.