大津一貴 オフィシャルブログ『Special One』

積み重ねの結果が、優勝できなかった。という結果

 







この記事を書いている人 - WRITER -
・脱サラ海外リーガー(プロサッカー選手) ・癌サバイバー 2018年現在、モンゴル1部のFCウランバートル所属。 1989年10月25日生まれ、北海道札幌市出身。 ■当ブログのコンセプトはこちら ■詳しいプロフィールはこちら ■お問い合わせはこちら

vs Arvis

5-2 Win スタメン フル出場

 


今の結果は、過去の積み重ねの結果

首位のエルチムが、今節で優勝を決めました。

僕自身、二度目のモンゴル挑戦は、またしても優勝できず…

悔しい気持ちでいっぱいです。

何が足りなかったのか考えてみると、本当に些細な細かいことの『積み重ね』の差だと思います。

それは、チームとしても、個人としても。

優勝したエルチムは、外から見ていても”優勝するに相応しいチーム”だったな。と、改めて感じています。

そして、FCウランバートルはまだまだ優勝するに相応しいチームではなかったと思います。

そうなってしまっている要因は、数を挙げればキリが無いです。

だけど、優勝できなかった理由を一言にまとめると、優勝するに「相応しくなかった」ということです。

もっともっともっと、突き詰めないと、FIFAランキングが低いとされるモンゴルでも、簡単には優勝できない…。

改めてと言うか、更にと言うか、やっぱりと言うか…

きっと、『積み重ね』の差が優勝できなかった理由。

サッカーの奥深さ、難しさ、面白さ、色々な事を感じています。

 

3年前の自分との比較

ただ、3年前に初めてモンゴルに挑戦した時よりも、確実に成長を実感していることも事実です。

それは、モンゴルでプレーした後、ニュージーランドやタイでも、全力でその時々を生きてきたから。

色々なことを考えて、自分の成長のために”積み重ね”てきたから。

年月を空けて、同じ国、同じチームでプレーしたからこそ、より深く実感しています。

なので、今シーズンは毎試合、自信を持ってプレーすることができました。

3年前は、自分の中で調子の波があったりもしたのですが、今年はシーズンを通して、比較的安定して自分のパフォーマンスを、チームのために発揮できたと思います。

 

昨日の試合では、アンカーのポジションでのプレーでした。

いつもより更に低いポジションで、チームとしても個人としても上手くいかない部分も多々ありましたが、勝ち点3を取れたことが、1番大切だと思います。

 

感謝の気持ちを持って、最後まで戦う

泣いても笑っても、次節が今シーズン最後の試合です。

最終節に勝てば、無条件に2位が確定します。

引き分け以下だと、3位か4位になる可能性が高いです。

求めていた色のメダルは、もう手に入りませんが、せっかくなら貰えるものは貰って帰ろうと思います。

このチームメイトと一緒にサッカーができるのも、あと1週間で終わり。

一緒に戦ってきた仲間に感謝して、最後の試合も楽しんでプレーしたいと思います。

 

サッカーが辞められない理由

この試合の対戦相手の日本人プレーヤー、小西浩太朗選手

日本で一緒にトレーニングをしていた浩太朗。

お互い場所が違っても、目標のため、成長をするために積み重ねてきた結果、モンゴルのピッチで対戦する日が来ました。

ちなみに、ポジション的にマッチアップしたので、沢山削っておきました。笑

 

サッカーが楽しくて辞められない理由は、サッカーそのものが楽しいことがひとつ。

もうひとつは、浩太朗との出会いや再会のように、人生を豊かにする人との出会いがあるからなのかもしれません。

まぁ、また対戦する時があったら削るけど。笑

 

 

成長を実感している脱サラ海外リーガー

大津一貴

この記事を書いている人 - WRITER -
・脱サラ海外リーガー(プロサッカー選手) ・癌サバイバー 2018年現在、モンゴル1部のFCウランバートル所属。 1989年10月25日生まれ、北海道札幌市出身。 ■当ブログのコンセプトはこちら ■詳しいプロフィールはこちら ■お問い合わせはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Special One , 2018 All Rights Reserved.